« スエカネクミコ『ベルサイユオブザデッド』第1-2巻 マリー・アントワネットvsゾンビvs…… | トップページ | 武内涼『不死鬼 源平妖乱』(その一) 超伝奇! 平安に跳梁する吸血鬼 »

2019.11.10

12月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 気がつけばめっきり寒くなって、今年もあと二ヶ月弱というのを嫌でも感じさせられる時期となりました。この発売スケジュールも、今年は残すところあと一回。寂しいところですが、一年の締めくくりに相応しいアイテム数であります。というわけで、12月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。

 と言いつつ、文庫小説についてはちょっと控えめな12月。まず目に付くのは、霜島けい『ぬりかべの涙 九十九字ふしぎ屋 商い中(仮)』(しかし前作の電子版はいつになるのか……)、廣嶋玲子『妖怪の子預かります 9 妖たちの祝いの品は』と、好調の妖怪時代小説シリーズの最新作であります。
(なお、『妖怪の子預かります』は、森野きこりによる漫画版第2巻も同時刊行)

 その他、シリーズ二ヶ月連続刊行となった山田正紀『大江戸ミッション・インポッシブル 幽霊船を奪え』や、仁木英之『鉄舟の剣 幕末三舟青春録』、太田満明『光秀夢幻』(大河ドラマ合わせの光秀ものも増えてきました)などが気になるところ。
 また、新鋭・大塚已愛の西洋伝奇活劇『ネガレアリテの悪魔』の第2弾は必読でしょう。


 ……と、小説はこのくらいなのですが、漫画の方がもの凄い分量。

 何しろ、吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第18巻、賀来ゆうじ『地獄楽』第8巻、野田サトル『ゴールデンカムイ』第20巻、山口貴由『衛府の七忍』第8巻と、一作だけでも濃い作品の最新巻がズラリ。

 そのほかにも唐々煙『煉獄に笑う』第11巻、石川優吾『BABEL』第5巻、原哲夫『いくさの子 織田三郎信長伝』第13巻、楠桂『鬼切丸伝』第10巻と戦国もののつるべうちの上に、忠見周『竜侍』第2巻、寺沢大介『ミスター味っ子 幕末編』第4巻、伊藤正臣『恋とマコトと浅葱色』第2巻と、異色作が並ぶのですからたまりません。

 海外もの(?)でも、響ワタル『琉球のユウナ』第4巻、百地元『黒狼』第3巻(最終巻というのが残念!)、細川雅巳『逃亡者エリオ』第1巻と注目の作品が並びます。

 その他、歴史ものではやはり大河ドラマに合わせて重野なおき『明智光秀放浪記』が登場。復刊では横山光輝『仮面の忍者赤影 《オリジナル完全版》』第1巻が――と、とにかく圧倒される量の新刊が刊行されることになります。


 何かと慌ただしい年末ですが、本を読む時間はきっちり確保しておかなくては――と覚悟を決めざるを得ない、12月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。



|

« スエカネクミコ『ベルサイユオブザデッド』第1-2巻 マリー・アントワネットvsゾンビvs…… | トップページ | 武内涼『不死鬼 源平妖乱』(その一) 超伝奇! 平安に跳梁する吸血鬼 »