« 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第7巻 ついに羽ばたくあの男たち! | トップページ | 武川佑・澤田瞳子・今村翔吾『戦国の教科書』(その二) »

2019.12.04

矢野隆・木下昌輝・天野純希『戦国の教科書』(その一)

 戦国アンソロジー『決戦!』シリーズを刊行してきた講談社から、新たに極めてユニークな一冊が登場しました。戦国時代を知る上で重要なテーマを、6人の作家の短編と解説・ブックガイドによって描く「授業」形式の本書。しかし形式のユニークさに負けないだけの内容を持った作品揃いの一冊であります。

 というわけで、全6章、いや全6限――各限ごとに短編と、末國善己氏による解説・ブックガイドから構成されている本書。この解説・ブックガイドも非常に面白い(特にブックガイドはさらなる読書体験を導く貴重な内容)のですが、ここでは各限の作品を紹介していきましょう。


1限目 下剋上・軍師:『一時の主』(矢野隆)
 祖父の代から、主君は自分が成り上がるために利用する「一時の主」に過ぎないと野心を持ち続けてきた黒田官兵衛。家康と三成の衝突を期に、長政に命じ、一気に天下を奪わんとする官兵衛ですが……

 少し前の大河ドラマではありませんが、秀吉の軍師としての印象が強い官兵衛。しかし本作の冒頭で描かれたように、軍師といういわば補佐役の仮面の下で、天下取りの野心に燃えていた人物であります。
 その野心の一端がついに表れたのが、関ヶ原の戦の際に、九州で見せた動きだったわけですが――本作はその背後に、さらにとてつもない官兵衛の謀略を描いてみせるのです。

 しかし本作で描かれるのは、同時にその下剋上の夢の空しさでもあります。逆転の策を授けたはずの長政の言葉、そして何よりも、関ヶ原の結果に対する彼の読みの在り方が、それを物語る――派手な物語が多い作者ですが、本作の余韻の残る結末には唸らされました。


2限目 合戦の作法:『又左の首取り』(木下昌輝)
 信長とともに盛んに傾いていた又左――前田利家。しかし斎藤道三との対面以来、信長は変わってしまい、又左は家中で諍いを起こし出奔することになってしまうのでした。
 そして陣借りの際、斎藤家にその人ありと知られた首取り足立こと足立六兵衛と出会った又左は、自分の首を取って織田家に帰参してみろと言う足立の首を狙うのですが……

 名乗りを上げての一騎打ちなど、かつての合戦の作法など過去の遺物となったように感じられる戦国時代ですが、しかしその一方で様々な作法があったのもまた事実。そしてその中でも現代人の目から見ると最も奇妙なのが本作で描かれる首実検でしょう。

 自分が合戦で落とした首をアピールすることにこれだけの儀式が必要というのは、本作の又左ならずとも奇妙に思うものですが――しかし本作は、一足早くかぶき者から卒業した信長と又左の、そして又左と足立の対比を通じて、鮮やかにその意味を浮かび上がらせてみせるのであります。
 血なまぐさく一見非人間的な行為に見える中にある、人間のあるべき精神――本作は「作法」に込められたものを見事に描き出すのです。


3限目 海賊:『悪童たちの海』(天野純希)
 大内家の重臣の庶子でありながら、運命の悪戯から海賊の使い走りになった新五郎。明で出会った僧侶崩れの徐海と組んで海に出た新五郎ですが、徐海の暴走で大物海賊・王直を敵に回すことになるのでした。
 それでも自分たちの国を作るべく大暴れを続ける二人は、ついに王直に決戦を挑むのですが……

 戦国武将とは全く異なる形で生きた戦国時代の武士として、近年にわかに注目が集まっている海賊。本作の作者にも海賊を題材とした『雑賀のいくさ姫』という快作がありますが、本作はその一世代ほど前の物語。実在の倭寇の頭目である徐海と新五郎(辛五郎とも)を題材としつつ、当時の海賊――倭寇の独特の立ち位置が描かれています。
 しかし本作の魅力はそれだけではありません。主人公二人の無軌道で無鉄砲な姿は、まさに若さ故のもの。そこには作者は(密かに)得意とする、青春物語の輝きがあるのです。

 それにしても本作、タイトルに「悪童」とあるように、海賊ものというよりもむしろヤンキーもののような味わいがあって楽しいのですが――そういえばヤンキーものと海賊ものの双方で名作を描いている漫画家もいました。二つの世界は案外近いのかもしれません。


 後半の3限は次回ご紹介いたします。


『戦国の教科書』(講談社) Amazon

|

« 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第7巻 ついに羽ばたくあの男たち! | トップページ | 武川佑・澤田瞳子・今村翔吾『戦国の教科書』(その二) »