« ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』第2-3巻 応仁の乱の最中のホームドラマが生み出す「共感」 | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2020年2月号(その一) »

2020.01.18

『無限の住人-IMMORTAL-』 十五幕「臓承 ぞうしょう」

 万次の四肢を移植することにより、その不死力を出羽介に移そうと試みる歩蘭人。しかし一度は成功したかに見えた実験は失敗し、出羽介は命を落とす。絶望に沈む歩蘭人だが、しかしその目は次第に狂気の光を帯びるのだった。一方、瞳阿と夷作とともに町を歩いていた凜は役人に絡まれるが……

 何故か年が明けてから放送が一週空いた今回、いよいよ不死力解明編の真骨頂ともいうべき展開――つまり頭のおかしい人による不毛な実験の姿が描かれることとなります。。
 といっても前半ではまだおかしくなかった歩蘭人は、ちょっとおかしい感じの山田浅右衛門(別の手段で不死の薬探しに行きそうな感じの弟子付き)の精妙な剣術を手術道具代わりに実験にチャレンジ。万次の手足を切っては出羽介にくっつけ、しばらくしてからまた別の部位と取り替え、それによって出羽介の体に血仙蟲を移そうという、それなりに理には叶っているけれどもやはり頭がおかしい手段で、かなりイイ線いったのですが――成功させたいのかさせたくないのか無駄にプレッシャーをかける鉤群(何故か声が変わった)の眼前で大失敗、出羽介は無残な最期を遂げることになります。

 今冷静に見てみれば、肉体の相性もさることながら、いくら肉体が不死に近づいても体を切り刻まれ、別人と繋げられるという精神的なストレスを全く考えに入れていなかったのもいけなかったような気もしますが――それはさておき、ここまで派手に失敗してしまえば御払い箱確定。それはすまわち、国禁を犯して海外渡航し、捕らえられた彼は罪人に逆戻りということを意味します。いやそれ以上にこの失敗は、彼がそこまでの犠牲を払い、人々の命を救うために会得した自分の医術が――敵視し、下に見ていた東洋医学と同様に――無力であったことを証明することにほかならないのであります。

 そして一度はどん底に落ちた歩蘭人の精神はわかりやすく壊れ――とサラッと書いてしまいましたが、今回はこの過程を嫌と言うほど丹念に描写――鉤群にもやる気を認められた(というか単に後任が見つからなかっただけだと思う……)彼は、死罪人をどんどんおかわりして、じゃんじゃんバラバラにしていくのでした。カワウソだから人間じゃないもん! とばかりに、犠牲者の顔に戯画的な獣の顔の絵を描いた袋を被せて……


 と、方法はちょっとどうかと思うけれども目的は真っ当だった人が、方法は全くダメだし目的は覚えてますか? という頭のおかしな人になっていく様を、微妙に前衛的な演出も交えてじっくりと見せられた今回。
 自分は一体何を見せられているんだろう、これは何の話だったんだろう――と、次第に自分の正気も怪しくなってくる(あるいは真面目に付き合っている自分に怒りが湧いてくる)内容は、不死力解明編ならではであります。

 そして、あまりといえばあまりの歩蘭人の所業につきあわされる助手の虎右ェ門に、何だかとても親近感を感じたり……


 しかし事ここに至って、もはや万次が画面にもほとんど登場しなくなった一方で、凜はようやく終盤に登場。なんとなく共同生活にも慣れた瞳阿・夷作と歩いていたところに役人に絡まれ、ついに戦闘モードに移行して逸刀流の本領を発揮した瞳阿と夷作の大暴れに巻き込まれることになります。
 しかし夷作の犠牲で何とか逃れたものの、彼が囚われてメンタルがポッキリ折れた瞳阿を、逸刀流のことは追っかけのアタシが一番知ってるんだからね! と言わんばかりに励ます凜の姿には、これまでの戦いで無駄にタフになったことが窺われて微笑ましいところではあります。

 しかし何でこんな無宿人狩りみたいなことが行われているのかな――と、わかりやすい伏線も張られ、ようやく万次と凜の間が繋がりそうな気もしてきたところで、次回に続きます。
 いやもう早く気づいて万次助けにいこうよ、というこちらの切なる願いが、早いところ叶ってほしいものです。


『無限の住人-IMMORTAL-』(Amazon prime video) Amazon

関連記事
 『無限の住人-IMMORTAL-』 一幕「遭逢 そうほう」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 二幕「開闢 かいびゃく」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 三幕「夢弾 ゆめびき」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 四幕「斜凜 しゃりん」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 五幕「蟲の唄 むしのうた」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 六幕「羽根 はね」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 七幕「凶影 きょうえい」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 八幕「無骸流 むがいりゅう」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 九幕「群 むら」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十幕「獣 けもの」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十一幕「秋霜 しゅうそう」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十二幕「終血 しゅうけつ」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十三幕「誰そ彼 たそかれ」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十四幕「改起 かいき」

 無限の住人

|

« ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』第2-3巻 応仁の乱の最中のホームドラマが生み出す「共感」 | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2020年2月号(その一) »