« 『無限の住人-IMMORTAL-』 十八幕「鬼哭 きこく」 | トップページ | 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第19巻 人と人の絆の勝利 そして地獄の始まり »

2020.02.09

3月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 今年も1/12があっという間に過ぎ、そして(暖冬とはいえ)まだまだ寒さが続く中、少しずつ咲き始めた様々な花の姿に、春も遠くないことが感じられます。というわけで春も間近な3月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 今年に入ってから今一つ少ないアイテム数ですが、残念ながらそれは3月も同様。しかし(特に文庫小説は)少しずつ復調してきたようにも感じられます。

 そこでまず注目すべきは、PHP文芸文庫のアンソロジー『もののけ〈怪異〉時代小説傑作選』。編者が編者だけに安定した――いや高いクオリティのPHP文芸文庫の時代小説アンソロジーですが、今回は怪異がテーマだけに、注目しないわけにはいきません。

 また新作の方では、宮本昌孝『武商諜人』と赤神諒『北前船用心棒 赤穂ノ湊 犬侍見参』が気になるところ。特に後者は、これまで歴史小説を中心に活躍してきた新鋭による文庫書き下ろし時代小説ということで、何が飛び出してくるのか期待であります。
 また、最近とみに点数が増えてきたライト文芸、キャラクター小説では、金子ユミ『千手學園少年探偵團 図書室の怪人』、須垣りつ『吉原妖鬼談』、道草家守『帝都コトガミ浪漫譚 勤労乙女と押しかけ従者』が登場と、勢いが感じられます。

 そして復刊の方では、なんとなんとの柏田道夫『桃鬼城伝奇(仮)』が文庫化。また、岡田鯱彦の名作『薫大将と匂の宮』も、未読の方はぜひ。


 漫画の方は、新登場はないものの、賀来ゆうじ『地獄楽』第9巻、野田サトル『ゴールデンカムイ』第21巻、たかぎ七彦『アンゴルモア 元寇合戦記 博多編』第2巻、久正人『カムヤライド』第3巻と、続巻を楽しみにしていた作品が並びます。
 さらに永尾まる『猫絵十兵衛 御伽草紙』第21巻、梶川卓郎『信長のシェフ』第26巻、星野之宣『海帝』第5巻、士貴智志『どろろと百鬼丸伝』第3巻なども要チェックであります。

 そしてアンソロジーの方では、「サムライねこぱんち 花の陣」が登場。いうまでもなくあの「ねこぱんち」誌からの派生ですが、さて町人主体(?)の「お江戸ねこぱんち」とどのように差別化を図ってくるのか。楽しみなところです。


 ちなみに今回はGoogleカレンダーに入力するのにこちらで紹介されているGoogleスプレッドシートのスクリプトを使いました。これまで一件一件登録していたのが何だったんだ――と愕然とするほど便利でした……



|

« 『無限の住人-IMMORTAL-』 十八幕「鬼哭 きこく」 | トップページ | 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第19巻 人と人の絆の勝利 そして地獄の始まり »