« 南原幹雄『北の黙示録』上巻 伊達vs幕府、マクロスケールの伝奇開幕 | トップページ | 嶋星光壱『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』第1巻 「二人の」ホームズを真っ正面から描く漫画版開幕 »

2020.02.01

『無限の住人-IMMORTAL-』 十七幕「儀結 ぎけつ」

 ついに万次のもとに辿り着いた凜。二人の前に現れた吐鉤群を万次の機転で倒したものの、さらに幕府の番兵、そして山田浅右衛門師弟が立ち塞がる。そこに駆けつけた瞳阿、復活した夷作とともに敵を蹴散らす万次と凜だが、鉄砲水が襲いかかる。辛うじて逃れた二人の前に現れたのは……

 あと2回くらいかかるかと思いましたが、不死力解明編はこの回でまさに怒濤の完結。かなり圧縮した内容に、これまでの構成は――と思ったりもしましたが(特に前々回)、しかしアクションをほとんど今回に凝縮したおかげで、原作ほどではないとはいえ(あれは事前のストレスが異常)、一気呵成の解放感に繋がっていたと思います。

 そのアクションの方も、万次vs鉤群、瞳阿vs浅右衛門、夷作vs弁鬼、万次vs浅右衛門×2と実に盛りだくさん。どれも時間自体はそこまで長くはありませんが、しかし様々なシチュエーションで楽しませてくれます。特に山田浅右衛門はほとんど今回初めて動いたのに近いキャラですが、その飄々としたような惚けているような妙な台詞回しと、万次や逸刀流、無骸流の面々とはまた異なる剣術――冷静に考えれば、本作に登場する中で数少ない、面白武器を使わない「正当派」の剣士であります――は、実に面白い。
 その中でも、これまた本作では珍しい名前付きの技「斬鉄」は、振り上げ・振り下ろしなどの予備動作なしで、その名の通りに鉄を断つという、ある意味浅右衛門の設定に相応しい技で、瞳阿相手にこれを放った時の台詞のとぼけ振りも相まって、地に足が付きつつも、底知れぬ強キャラ感を見せてくれていたかと思います。

 そういえばバトルといえば、冒頭に凜vs歩蘭人というか、凜が歩蘭人を一方的にボッコボコにする場面があるのですが――これがまあ、これまでのストレスを一気に吹き飛ばしてくれる、まさに溜飲が下がる場面である一方で、妙にギャグめいた演出になっていたのが、ちょっと残念ではありました。シチュエーションの時点で既におかしいのだからそれだけでよいのに……
 またもう一つ、原作では四人がかりで戦うこととなった不死身の怪物・鵺一号との戦いが、このアニメでは丸々カットされているのですが――しかしこちらはまあ妥当なところではあるでしょう。いきなり登場したわりに妙に強敵だった上、リアリティレベル(今更ではありますが)をいきなりガクンと下げるキャラだったので……

 何はともあれ、地上では歩蘭人の実験をいやいや手伝っていた虎右衛門や軽小沢が妙に成し遂げた感を出しながら人々を助け、歩蘭人もあれだけやらかしたくせに(軽蔑していた)兄の医師としての信念ある言葉の前に一気に正気に返り、一件落着感あるのですが――しかしここですっかり忘れていたあの男が、さらに意外な人物とともに登場することになります。それは数回前のCパートに出たっきりだった尸良――その彼が、逸刀流は川上新夜の子・練造を引き連れて登場したのであります。
 鎖から逃れるために斬った万次の腕を拾った練造は、そのまま尸良のもとにそれを持って行き、尸良は馬鹿笑いして退場するのですが――原作ではここで
「春までに殺すッ 春までに殺すッ それまで愛し合ってろお前らァア!」
と、前半はまあわかるけれども後半お前何言ってんの? という台詞を放つのですが、それが丸々カットされてしまったのは残念であります。意味不明ながら、しかしやはり尸良っぽい名台詞だっただけに……
(まあ、その直後のようやく脱出して地面に横たわる万次と凜の姿が、無駄にラブく見えてしまうからかも――と深読みはできるのですが)


 さて、ラストにとんだ乱入者はあったものの、ひとまず万次は救出され、凜と瞳阿はいい感じで友情を結んで別れ、歩蘭人はあれだけやらかしておきながら何だかイイ感じのことを言って――しかしこいつが子孫をちゃんと教育しておかなかったおかげで後に万次がまた面倒な目に遭うわけですが――不死力解明編も大団円。
 途中ほとんど放送事故のような展開もありましたが、終盤(というか今回)のバトル釣瓶打ちもあり、何となく満足できる結末ではありました。

 さて、残すところは最終章ですが――果たして後何話残っているのか、その辺りが大いに気になるところであります。


『無限の住人-IMMORTAL-』(Amazon prime video) Amazon

関連記事
 『無限の住人-IMMORTAL-』 一幕「遭逢 そうほう」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 二幕「開闢 かいびゃく」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 三幕「夢弾 ゆめびき」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 四幕「斜凜 しゃりん」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 五幕「蟲の唄 むしのうた」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 六幕「羽根 はね」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 七幕「凶影 きょうえい」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 八幕「無骸流 むがいりゅう」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 九幕「群 むら」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十幕「獣 けもの」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十一幕「秋霜 しゅうそう」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十二幕「終血 しゅうけつ」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十三幕「誰そ彼 たそかれ」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十四幕「改起 かいき」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十五幕「臓承 ぞうしょう」
 『無限の住人-IMMORTAL-』 十六幕「肢転 してん」

 無限の住人

|

« 南原幹雄『北の黙示録』上巻 伊達vs幕府、マクロスケールの伝奇開幕 | トップページ | 嶋星光壱『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』第1巻 「二人の」ホームズを真っ正面から描く漫画版開幕 »