« 伊藤正臣『恋とマコトと浅葱色』第3巻 彼女と左之助の恋路の結末に待つもの | トップページ | 白鷺あおい『シトロン坂を登ったら 大正浪漫 横濱魔女学校』 魔女の卵にして○○たちの冒険 »

2020.07.05

岡村星『テンタクル』第1巻 謎また謎に挑む杖術 幕末アクション開幕

 時は幕末、福岡藩で側用人・黒田の元から宝刀を奪った賊を追う命を受けた津春と聡吾。二刀流を操る少女を得意の杖で撃退し、二人が取り返した刀には、想いもよらぬ秘密が隠されていた。その秘密を知ったことをきっかけに相次ぐ人死にと謎の数々。恐るべき事態に巻き込まれた津春の運命は……

 恥ずかしながら連載時にはチェックしていなかったのですが、単行本発売時の「本格幕末ミステリー×異色アクション」という謳い文句に、一も二もなく手に取った本作。なるほど、どこから何が飛び出してくるかわからない、驚きに満ちた物語でありました。

 冒頭から描かれるのは、藩の追っ手を次々と斬殺して逃亡する遣い手を追う二人の青年――一人は医学生の津春、もう一人は城下一の剣士・聡吾。二人は目の前に現れた二刀使いの美少女を得意の杖術で倒したものの、処遇を巡って二人が争う間に、少女には逃げられてしまうことになります。
 それでもそもそもの目的であった刀を取り返した二人ですが――その刀には思わぬ秘密が。その晩、刀の持ち主である側用人の黒田に呼び出された二人ですが、二人に自分の目論みが露見したことを悟った黒田はその場で切腹を遂げることに……


 と、第一話の時点で次から次へと想定外の事態が飛び出す本作。
 さらに第二話では城内に潜んだ真の「敵」の巨大すぎる野望が示され、第三話では更なる秘密の存在と恐るべき刺客の手腕と哀しい別れ、そして第四話では刺客との死闘と「敵」の行動の真意(?)が語られ――と、毎回毎回ラストに衝撃的すぎるヒキが用意されているのですから、息つく暇がありません。

 正直なところ、この巻の時点では、この衝撃的な「事実」の提示に終始している感が強く、「本格幕末ミステリー」というには未だしという印象は否めないのですが、しかしここまで大風呂敷を広げてくれれば、その謎解きが楽しみにならないはずがありません。

 一方、残る「異色アクション」の方ですが――こちらは現時点でなかなかのものであります。そもそも「異色」の理由は何かと言えば、それは主人公の用いるのが刀ではなく、杖である点にと言ってよいでしょう。
 そう、津春の武器は杖――彼は神道夢想流杖術の遣い手なのです。

 神道夢想流杖術といえば、宮本武蔵と死闘を繰り広げたという夢想権之助が生み出した流派。一度は敗れた権之助が、再度立ち会った際に武蔵を破ったという伝承もある武術であります。
 そもそも聡吾はともかく、性格的に向かぬ津春が追っ手に選ばれたのは、このように神道夢想流杖術が、二刀流の天敵とも言うべき流派だから、という設定の時点でシビれるのですが――その独特の動きは、時代ものでメインに扱われることが珍しい技だけに、大いに興味をそそるものがあります。
(基本的に人を殺さぬ技が、津春の性格にマッチしているのも良いと思います)


 さて、「謎」は配置され、それを飾るアクションも用意されました。後はそれを動かして、どのような物語が紡がれるのか――先が全く読めないだけに、楽しみも大きな作品であります。


『テンタクル』(岡村星 白泉社ヤングアニマルコミックス) Amazon

|

« 伊藤正臣『恋とマコトと浅葱色』第3巻 彼女と左之助の恋路の結末に待つもの | トップページ | 白鷺あおい『シトロン坂を登ったら 大正浪漫 横濱魔女学校』 魔女の卵にして○○たちの冒険 »