« 「コミック乱ツインズ」2020年8月号(その二) | トップページ | 冬目景『黒鉄・改 KUROGANE-KAI』第4巻 新章突入、迅鉄長崎へ »

2020.07.21

梶川卓郎『信長のシェフ』第27巻 本願寺への道? ケン、料理人から××へ!?

 ここしばらくは、歴史を変えて信長を救うため、タイムスリップした現代人最後の一人である望月を探すために行動していたケン。しかしその行動が、とんでもない波乱を引き起こすことに……(内容の詳細に触れますのでご注意を)

 この時代で生きていくことを決意し、信長を生き延びさせようと図るケン。そのためには、この時代にとっては異物である自分たち現代人を集めて歴史を変えるしかない――と最近考えている彼ですが、しかし、もはや協力を受けられそうなのは、所在がわからない望月のみであります。
 彼を探すために何とか記憶喪失を治そうとも考えたケンですが、代わりに今の――夏の記憶をなくしかねないとのことで断念。となれば後はようこに聞くしかない(間接的に今の恋人のために昔の恋人を頼るというのもなんですが)と考えるものの、今彼女は信長の宿敵である本願寺顕如の下におります。

 何とか潜り込みたいと考えている間に、信康を切腹させて食欲をなくした家康の下に派遣されるケン。なるほど、この巻でも、大きな戦いの合間の単発のエピソードが淡々と描かれるのかな――などというこちらの予想は、思い切り覆されることになります。
 本願寺と、朝廷を介して和睦しようと言い出す信長。しかし信長がそれだけで済ますはずはなく、何と京に同行させたケンに、とんでもない命を下すのであります。本願寺との和睦交渉のため、公家の猶子となれ、と……


 ??? と、信長の無茶振りにも馴れたケンも一瞬思考が止まってしまうほどの急展開に、もちろん読者の方も思考停止。猶子といえば、つまりは養子――要するにケンを信長の家臣から公家にしてしまおうというのですから、これまでにない無茶ぶりであります。

 なるほど、公家の一員として勅使となってしまえば、本願寺にも安全に(?)入り込める道理ですが、いくら信長であってもさすがに横紙破りが過ぎる。
 何百年も文化と伝統を積み重ねてきた公家の歴史を甘く見てもらってはこまると反発した公家の一人・勧修寺晴豊は、ある試練をケンに課すことに――と、ようやくいつものノリになってきましたが、しかしその試練というのが料理ではなく、思わぬ変化球なのが楽しいところであります。

 果たして全く勝手が違うジャンルで、いかに試練を乗り越えるか――といいつつ、こんな手があるのか!? という仰天の技でケンがクリアしてしまうのも実に愉快なこの巻の後半の展開ですが、いつかは登場するだろうと予想していたあの人物が、想像以上の豪快ぶりを発揮して登場するのもまた楽しい。
 やはり本作はまだまだこちらの予想を良い意味で裏切ってくれます。


 それにしても、何故信長はそこまでしてケンを本願寺に送り込もうというのか。もちろんようこに会いたいというケンの望みを叶えるため――などというはずはありません。いや、何よりも何故わざわざここで本願寺と和睦しようというのか?

 ここで気になるのは、前々巻以来の登場となったイエズス会の動き。どうやら本作ではイエズス会にまつわる一種の陰謀論を採用しているようですが、そのイエズス会の暗躍に対する牽制に、本願寺を使うつもりではないか――という予想も立てられます。
 しかしそんな予想は我々でなくとも、顕如にも当然できるはず。そんなミエミエの話で、顕如が信長のために動くはずもなく――いやはや、ますますわからなくなってきました。

 その一方で、武田勝頼を巡る物語も並行して描かれ、またイエズス会の方でもヤスケが意味有りげに顔を出すなど、この先を見据えて着実に布石が打たれている感もあります。
 果たしてこの先物語がどのような結末を迎えるのか――というのはまだ気が早すぎるにせよ、そこに至るまでの経緯の一つ一つが、布石として既に積み上げられていることは間違いありません。

 まずはこの和睦交渉がいかなる展開を見せるのか――そこから楽しみにしたいと思います。


『信長のシェフ』第27巻(梶川卓郎 芳文社コミックス) Amazon


関連記事
 「信長のシェフ」第1巻
 「信長のシェフ」第2巻 料理を通した信長伝!?
 「信長のシェフ」第3巻 戦国の食に人間を見る
 「信長のシェフ」第4巻 姉川の合戦を動かす料理
 「信長のシェフ」第5巻 未来人ケンにライバル登場!?
 「信長のシェフ」第6巻 一つの別れと一つの出会い
 「信長のシェフ」第7巻 料理が語る焼き討ちの真相
 「信長のシェフ」第8巻 転職、信玄のシェフ?
 「信長のシェフ」第9巻 三方ヶ原に出す料理は
 「信長のシェフ」第10巻 交渉という戦に臨む料理人
 『信長のシェフ』第11巻 ケン、料理で家族を引き裂く!?
 『信長のシェフ』第12巻 急展開、新たなる男の名は
 梶川卓郎『信長のシェフ』第13巻 突かれたケンの弱点!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第14巻 長篠への前哨戦
 梶川卓郎『信長のシェフ』第15巻 決戦、長篠の戦い!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第16巻 後継披露 信忠のシェフ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第17巻 天王寺の戦いに交錯する現代人たちの想い
 梶川卓郎『信長のシェフ』第18巻 歴史になかった危機に挑め!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第19巻 二人の「未来人」との別れ、そして
 梶川卓郎『信長のシェフ』第20巻 ケン、「安心」できない歴史の世界へ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第21巻 極秘ミッション!? 織田から武田、上杉の遠い道のり
 梶川卓郎『信長のシェフ』第22巻 ケンの決意と二つの目的と
 梶川卓郎『信長のシェフ』第23巻 思わぬ攻防戦、ケンvs三好!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第24巻 大坂湾決戦の前哨戦にケン動く
 梶川卓郎『信長のシェフ』第25巻 新たな敵に挑む料理探偵ケ
 
梶川卓郎『信長のシェフ』第26巻 ケンと村上父子の因縁、決着!?

|

« 「コミック乱ツインズ」2020年8月号(その二) | トップページ | 冬目景『黒鉄・改 KUROGANE-KAI』第4巻 新章突入、迅鉄長崎へ »