« 細川雅巳『逃亡者エリオ』第5巻 彼らの戦いの理由、彼らが戦いに見出したもの | トップページ | 横田順彌『幻綺行 完全版』(その一) 帰ってきた自転車世界一周無銭旅行の豪傑! »

2020.07.12

8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 表向きは世の中の動きはだいぶ以前のそれに近づいてきましたが、しかし出版にかかる作業期間を考えればそろそろ大変なのでは、お盆休みもあるし――というこちらの心配は杞憂らしく、しっかりと色々と発売される8月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。

 そんなわけで点数自体は結構多い8月ですが、ちょっと面白いのは前半に小説、後半に漫画の発売日が固まっていることであります。

 まず文庫の新作では、『臆病同心もののけ退治』(田中啓文 ポプラ文庫)、『吉原水上遊郭 まやかし婚姻譚』(一色美雨季 ポプラ文庫ピュアフル)、『平安・陰陽うた恋ひ小町 言霊の陰陽師』(遠藤遼 宝島社文庫)、『影がゆく 2 悪魔道人』(稲葉博一 ハヤカワ文庫JA)と、時代小説プロパーではないレーベルからの作品が目立ちます
 また、発売が一ヶ月延びたらしい霜島けい『もののけ騒ぎ 九十九字ふしぎ屋商い中(仮)』も楽しみなところです。

 そして復刊・文庫化は、何といっても河出文庫の「山田風太郎傑作選」の室町篇として登場『柳生十兵衛死す』上下巻に注目。また、青柳碧人『彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪』、夏原エヰジ『Cocoon 修羅の目覚め』も文庫化です。
 またこれはノンフィクションですが、加門七海『大江戸魔方陣 徳川三百年を護った風水の謎』の復刊も懐かしいところです。


 一方漫画の方では、以前春頃に発売予定であったものが延期されていた赤名修『賊軍 土方歳三』第1巻、そしてある意味飛び道具の組み合わせである花月仁&奥浩哉『GANTZ:E』第1巻の新登場がやはり注目でしょう。
 その他新登場としては、草川為『年年百暗殺恋歌』第1巻、叶輝『残月、影横たはる辺』第1巻と、少女漫画系の新作があります。

 そのほか、シリーズものの最新巻として鶴淵けんじ『峠鬼』第3巻、石川ローズ『あをによし、それもよし』第3巻、高橋留美子『MAO』第5巻、舞台化に合わせて久々登場の霜月かいり『BRAVE10 暁』はもちろん要チェック。
 また海外を舞台とした作品では、中国もので川原正敏『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』第16巻、星野之宣『海帝』第6巻、名作パスティーシュとして嶋星光壱&島田荘司『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』第2巻を楽しみにしているところです。


 と、点数的には満点というわけではないものの、期待以上のラインナップとなった印象の8月であります。



|

« 細川雅巳『逃亡者エリオ』第5巻 彼らの戦いの理由、彼らが戦いに見出したもの | トップページ | 横田順彌『幻綺行 完全版』(その一) 帰ってきた自転車世界一周無銭旅行の豪傑! »