« 9月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 『大江戸もののけ物語』 第四話「騙された清庵」 »

2020.08.07

諸星大二郎『無面目・太公望伝』 神とは何か、人とは何かという問いかけへの二つの答え

 数多い作者の中国ものの中でも、特にファンの評価が高い二編――前漢の武帝の時代に一人の神の辿る運命を描く『無面目』、それより遡った殷周の時代に名軍師として知られる呂尚の姿を描く『太公望伝』、どちらも古代中国を舞台に、人と神の存在をそれぞれの視点から描いた物語であります。

 一作目の『無面目』とは、顔に目のない――いや口も鼻も耳もない存在、渾沌のこと。この物語は、天地開闢のことを論じていた南極老人と東方朔の二人の神仙が、その頃から瞑想に耽っている渾沌に、当時のことを尋ねてみようと訪ねたことから始まります。
 しかし渾沌に会ったはいいものの、口のない彼は話すことはできません。そこで東方朔は、自分の知るある男をモデルに渾沌に顔を描いてしまうのですが――何とその顔は実物となった上に、下界に興味を持った混沌は瞑想していた山から下りてしまったのです。

 人界のことに馴れぬため、ちょっとしたことから獄に繋がれてしまう混沌。ところが彼が武帝お気に入りの方士・欒大と瓜二つであったことから――そう、東方朔は彼をモデルにしたのです――彼と周囲の運命が大きく動き出すことになります。
 当時宮廷で勢力を二分していた皇太子・劉拠派と、武帝の寵姫・李夫人の兄である李兄弟派――そのうち皇太子派によって、李兄弟に近い欒大の替え玉に据えられてしまった渾沌。はじめは成り行きに流されるばかりであった彼は、やがて神の視点から、人間たちの権力闘争に興味を覚えていきます。

 やがて自分を利用しようとしていた者たちを逆に利用し、ゲーム感覚で人々を惑わせ、陥れて権力と財をほしいままとする渾沌。酷吏の江充と結び、両派が巫蠱による暗殺合戦を行っていたことから引き起こされた「巫蠱の獄」は、国中を疑心暗鬼に陥れ、やがて兵乱にまで繋がることとなります。
 そんな中、神の力を持つ者として、江充も帝をも恐れず振る舞う渾沌ですが、あることがきっかけで死を恐れるようになり……

 中国神話に様々な姿で現れる、まさに渾沌とした存在である混沌。しかし最もよく知られるのは、荘子の「渾沌七竅に死す」ではないでしょうか。
 目鼻口耳のない渾沌のためを思ってそれら七つの孔を開けたところ、逆に渾沌は死んでしまった――という一種の寓話ですが、本作はこの短い文章をベースとしつつ、前漢の武帝の時代の史実を絡めて縦横無尽に物語を展開していくことになります。

 何よりもユニークなのは、いうまでもなく渾沌――ある種の純粋な知性として瞑想に耽っていた彼が、七つの孔を得て人間たちの中で暮らすうちに、やがて人間以上に人間臭く、宮廷の権力闘争の中でのし上がっていくという皮肉でしょう。
 この辺りは、一種のピカレスクロマンの味わいすらありますが――しかし物語はそれだけに終わりません。

 人間の顔をした神としてこの世に恐れるものなどなかったはずの渾沌が唯一恐れたもの。そして彼を絶望させたものとは何であったか――宮廷での彼の姿とは正反対でありながら、しかし同様に極めて人間的な存在となった彼の辿る運命は、荘子に記されたそれとは大きく異なりつつも、しかし同じ皮肉さと虚しさ、そして物悲しさを感じさせるのです。

 神とは何か、人とは何か――その問いに、伝奇物語の形で見事な答えを示した一編です。


 もう一遍の『太公望伝』は、いうまでもなく周の文王の軍師として殷の紂王を討つのに多大な功績を挙げた太公望こと呂尚の物語ですが――しかし彼が文王に見出されるまでを描いているのがユニークな作品です。
 殷に捕らえられて生贄となる運命から九死に一生を得た呂尚が、放浪する中で出会った謎の「神」。「神」の導きで鈎も餌もない釣り針で龍を釣り上げた彼は、その不思議な体験が忘れられず、その後も「神」と出会うために放浪を続けるのですが……

 上に述べた偉業を成し遂げながら、しかしその前歴は極めて謎の多い太公望。本作はその彼を、老齢に至るまで悩み多く、どこか締まらない、そして実に人間臭い人物として描き出します。その姿には、既にいい年になってしまったこちらとしては身につまされるものが少なくないのですが――それだけに、魂の遍歴の末に彼が知った「神」の正体は、大いに感動的に感じられます。

 そしてそれはまた、『無面目』とはまた異なる角度から描かれた、神とは何か、人とは何かという問いかけへの答えとも感じられるのです。


 神と人の存在を描きながらも、全く異なる物語であり、しかし同時にその根底にどこか通じるものを感じさせる――そんな不思議な二つの物語であります。


『無面目・太公望伝』(諸星大二郎 潮出版希望コミックス) Amazon

|

« 9月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 『大江戸もののけ物語』 第四話「騙された清庵」 »