« 『半妖の夜叉姫』 第7話「林檎の出会い」 | トップページ | 川原正敏『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』第17巻 逆襲開始!? 韓信の攻と張良の防 »

2020.11.20

梶川卓郎『信長のシェフ』第28巻 石山合戦終結 そして数多くの謎と伏線

 いよいよ長きに渡った本願寺との戦いもクライマックス。信長と本願寺との和睦のため(本人はようこに会うため)に、とんでもない飛び道具扱いとなったケンですが、事態はさらにとんでもないことに……。そしてついに掴んだ最後の現代人の手がかりとは!?

 信長のために歴史を変えることを決意し、そのためにこの時代にとって異分子である自分たち現代人最後の一人である望月の行方を追うケン。
 しかし「四国にいるらしい」「見た事のない鼻が目印」といまいち頼りにならない情報ばかりで弱っていた彼は、最後の手段として、ようこから望月のことを聞き出そうとするのですが――しかしそのようこは、石山合戦で籠城まっただ中の本願寺顕如の側に居る状態であります。

 どう考えても絶望的な状態ながら、何とか本願寺に潜入しようとするケンに対して、信長は近衛前久の養子となり、和睦の使者として本願寺に乗り込むよう命じて……


 と、信長の無茶振りはいつものことながら、その中でも歴代屈指の無茶を何とか実現して、ようこと再会したケン。そこで語られるタイムスリップ直前の現代での光景は、何とも意味深なシーンの連発なのですが――その真実が明かされるのは、おそらくまだまだ先のことなのでしょう。

 それでも何とか自分の目的は果たしたケンですが、信長の真の目的は、全く思わぬところに……って、いやいやいや! 確かに信長と敵将が直接対面することは以前もありましたが、それにしても今回は豪快というか豪腕というか――仕掛ける方も仕掛ける方ながら、乗る方も乗る方というとんでもない対面は、一つの史実として結実することになります。
(にしても誰にも渡さないために最後は派手に飾るというのは、理屈はわかるものの思い切りが良すぎるとしか……)

 そしてそこでようやく、以前から描かれてきたイエズス会の蠢動と物語が結びつくことになるのですが――しかしこの展開が、今後どのように動いていくのもまた、全く謎としかいいようがありません。
 わかるのは、信長の対キリスト教戦線の指揮官ともいうべき光秀の運命が、この先大きく変転していくであろうことですが――今のところ信長に心酔している光秀が、そうそう簡単に変節するとは思えません。変節せずに光秀が信長を討とうとすることがあるのかどうか、そのヒントはこの巻にもあるように思えるのですが……

 望月は果たしてどこにいるのか。彼の手に渡ったらしい、ケンの父親の持ち物とは何か。そしてケンの父親が現代でホテルの地下から発見したものとは何なのか。
 さらに以前から顔だけは出ているヤスケと信長の出会いは。意味有りげに語られる日本の経度に込められたものとは。何よりも、本能寺の変はいかにして起き、ケンはそれを止めることができるのか。そしてその結果がいずれであれ、ケンの運命は……

 あまりに謎と伏線が多すぎて、あるいはこの巻の佐久間信盛(信盛史上かなりのレベルでいい人扱い)のように、ついていけなくなる人もいるのではないか――と心配にならないでもありませんが、巻末のエピソードでは井上さんが脱力もののケンへのいやがらせを連発してくれるのも、いい箸休めであります。


 そしてこの巻のラストで、時は天正九年へ。ということは、おそらく本作に残された作中時間は約一年半。思った以上に時間が短いのに驚かされましたが、しかしその分、おそろしく濃厚で刺激的な一年半となることは、間違いないでしょう。
 それを味わうのが、今から楽しみであります。

『信長のシェフ』第28巻(梶川卓郎 芳文社コミックス) Amazon

関連記事
 「信長のシェフ」第1巻
 「信長のシェフ」第2巻 料理を通した信長伝!?
 「信長のシェフ」第3巻 戦国の食に人間を見る
 「信長のシェフ」第4巻 姉川の合戦を動かす料理
 「信長のシェフ」第5巻 未来人ケンにライバル登場!?
 「信長のシェフ」第6巻 一つの別れと一つの出会い
 「信長のシェフ」第7巻 料理が語る焼き討ちの真相
 「信長のシェフ」第8巻 転職、信玄のシェフ?
 「信長のシェフ」第9巻 三方ヶ原に出す料理は
 「信長のシェフ」第10巻 交渉という戦に臨む料理人
 『信長のシェフ』第11巻 ケン、料理で家族を引き裂く!?
 『信長のシェフ』第12巻 急展開、新たなる男の名は
 梶川卓郎『信長のシェフ』第13巻 突かれたケンの弱点!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第14巻 長篠への前哨戦
 梶川卓郎『信長のシェフ』第15巻 決戦、長篠の戦い!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第16巻 後継披露 信忠のシェフ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第17巻 天王寺の戦いに交錯する現代人たちの想い
 梶川卓郎『信長のシェフ』第18巻 歴史になかった危機に挑め!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第19巻 二人の「未来人」との別れ、そして
 梶川卓郎『信長のシェフ』第20巻 ケン、「安心」できない歴史の世界へ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第21巻 極秘ミッション!? 織田から武田、上杉の遠い道のり
 梶川卓郎『信長のシェフ』第22巻 ケンの決意と二つの目的と
 梶川卓郎『信長のシェフ』第23巻 思わぬ攻防戦、ケンvs三好!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第24巻 大坂湾決戦の前哨戦にケン動く
 梶川卓郎『信長のシェフ』第25巻 新たな敵に挑む料理探偵ケ
 
梶川卓郎『信長のシェフ』第26巻 ケンと村上父子の因縁、決着!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第27巻 本願寺への道? ケン、料理人から××へ!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 『半妖の夜叉姫』 第7話「林檎の出会い」 | トップページ | 川原正敏『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』第17巻 逆襲開始!? 韓信の攻と張良の防 »