« 『半妖の夜叉姫』 第17話「二凶の罠」 | トップページ | 輪渡颯介『攫い鬼 怪談飯屋古狸』 これでラスト!? 子供の拐かしと怪盗の謎 »

2021.02.05

『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐』 本編全て、いや完結後までカバーした一冊

 昨年12月に全23巻で完結した『鬼滅の刃』の公式ファンブック第2弾が刊行されました。このタイミングに刊行されただけあって、作品全体を総括するような内容であると同時に、様々な描き下ろし漫画やキャラクター関連の新情報など、原作を読み尽くしたファン必見の内容となっています。

 一昨年刊行され、単行本第16巻までの内容が収録されていた第1弾。漫画のファンブックが、連載途中の段階で刊行される――つまりは作品のすべてを網羅しているわけではないというのは、残念ですがむしろ当たり前の状況にあります。
 そんな中で本書が完結後に刊行されたのは、さすがは人気作品――と言うべきかと思いますが、その結果、本編全体の内容はもちろんのこと、完結後の物語まで読むことができたのは、ファンとしてはまことにありがたいところです。

 さて、そんな本書の構成は、
・鬼滅奇譚百景:冒頭から結末までのダイジェスト
・鬼殺隊摘要・鬼殺隊共闘者覚書・惡鬼要項:キャラクターガイド
・柱相関言行録:柱たちの関係性を特集した企画記事
・特別描き下ろし漫画
・単行本未収録漫画
・鬼滅ノ問答ゲヱム:人狼ゲームの鬼滅版

といったところであります。その中で特に印象に残ったものを以下に挙げましょう。

・キャラクターガイド
 正直なところ、第1弾に比べると新情報は少ないのですが、やはり大正(戦国)コソコソ噂話はインパクト十分。特に今回は過去の設定だけでなく、本編が完結したその後の内容も含んでいるため、補完度は非常に高くなっています。
 内容も非常に重いものから切ないもの、はたまた脱力ものまで多数ですが――個人的には産屋敷家、しのぶ、宇髄、伊黒、愈史郎などは特に印象に残りました。しかし本編で描いて欲しかった内容も多いところで、戦国コソコソ噂話は、特に強くそう感じます……

・柱相関言行録
 柱から見た他の柱の印象等、どこまで公式かわからないのですが、悲鳴嶼視点の情報が全てをぶっ飛ばします。

・特別描き下ろし漫画「突撃!!  地獄の鬼取材 三途の川を越えて」
 地獄に落ちた鬼たちに、「各呼吸の斬られ心地」を取材するという、おまけ漫画的味わいの7ページ。斬られ心地というか各柱の印象語りになっているのが楽しいのですが、ある意味オチ要員になっているあのお方のコメントには爆笑しました。

・単行本未収録漫画「煉獄零話」
 まだ隊士時代の煉獄の姿を描く19ページの短編。ジャンプ本誌に掲載された後、映画の入場者特典小冊子に掲載されて即プレミア化した作品をこうして読めるのは実にありがたいお話です。
 煉獄の父や仲間たちへの想いと、鬼(これがなかなかの強敵)との戦いを、煉獄のモノローグとともに描くという、ある意味実に鬼滅らしいスタイルの過去エピソードですが、ラストの言葉が本編(そして劇場版)の内容に繋がるものであるのが胸を締め付けます。

・特別描き下ろし漫画「炭治郎の近況報告書」
 本編完結後(正確には第204話と第205話の間)の炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の生活を描く13ページ――とはとても思えない充実の内容の一本。四人だけでなく柱組やカナヲたちの平和な姿が描かれます。
 そしてそれ以上に印象に残るのは、ここでもやりたい放題の善逸で、後半はほとんど主役状態。しかしそれでもグッとくる結末に繋げてくるのは、やはりさすがと言うべきでしょう。時折、ウッと来るような重い言葉も……
(しかしあの人の笑顔は破壊力あります……)

・単行本未収録漫画「密着! “キメツ学園”に通う炭治郎の1日」
 本当に通常営業の内容なのですが、「電車に対して変態行為をする男」は本当にやばいと思います。

・特別描き下ろし漫画「鬼滅の土台」
 ワニ先生と作品の立ち上げ担当さんのやりとりから作品の成り立ちを描く9ページ+1ページ。この担当さんがあまりに有能で、ほとんど能力者クラスなのにまず驚かされますが――鬼滅の大きな魅力の一つであるキャラクター造形(背景設定)の巧みさはここから来ていたのか! と納得であります。


 というわけで、ほとんど収録漫画の紹介となってしまいましたが、いずれにせよファンなら必読の、まさにファンのための一冊である本書。本編完結後だからこそ描ける内容の数々には、ただ感謝あるのみでした。


『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐』(集英社ジャンプコミックス) Amazon

関連記事
 『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録』 ファンであればあるほど納得の一冊!

 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第1巻 残酷に挑む少年の刃
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第2巻 バディであり弱点であり戦う理由である者
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第3巻 ついに登場、初めての仲間……?
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第4巻 尖って歪んだ少年活劇
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第5巻 化け物か、生き物か
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第6巻 緊迫の裁判と、脱力の特訓と!?
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第7巻 走る密室の怪に挑む心の強さ
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第8巻 柱の強さ、人間の強さ
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第9巻 吉原に舞う鬼と神!(と三人組)
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第10巻 有情の忍、鬼に挑む!
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第11巻 遊郭編決着! その先の哀しみと優しさ
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第12巻 新章突入、刀鍛冶の里での出会い
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第13巻 物語を彩る二つのテクニック、そして明らかになる過去
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第14巻 死闘の中に浮かぶ柱二人の過去と現在
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第15巻 二つの勝利の鍵、そして柱稽古開幕!
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第16巻 哀しき巨人・岩柱の過去 そして最終決戦の幕上がる!
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第17巻 決戦無限城、続く因縁の対決
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第18巻 鬼の過去と、人の因縁と
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第19巻 人と人の絆の勝利 そして地獄の始まり
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第20巻 人間と鬼と――肉体と精神の二つの地獄絵図
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第21巻 無惨復活、そして二人の「超人」の間の相違
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第22巻 伊黒の想い そして終わりなき地獄絵図
 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第23巻 大団円 そして少年は日常に還る

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 『半妖の夜叉姫』 第17話「二凶の罠」 | トップページ | 輪渡颯介『攫い鬼 怪談飯屋古狸』 これでラスト!? 子供の拐かしと怪盗の謎 »