« 『半妖の夜叉姫』 第24話「殺生丸の娘であるということ」 | トップページ | 鈴木ジュリエッタ『トリピタカ・トリニーク』第1巻 少女西遊記!? 三蔵の向かう先は »

2021.03.22

野田サトル『ゴールデンカムイ』第25巻 殺人鬼の意外な正体!? そして全勢力激突寸前!

 アイヌの黄金の在り処を示す刺青人皮も残すところあとわずか――それを背負った三人の刺青囚人が札幌に現れ、後を追う全勢力が結集することになります。誰が敵で、誰が味方なのか渾沌とした状況の中、娼婦殺しの囚人の意外過ぎる正体が……?

 独自に囚人たちを追う中、アイヌの黄金で自分の王国を作るという夢を持つ海賊房太郎と激突した末、互いの利を認めて手を組むこととなった杉元一行。殺人鬼マイケル・オストログが札幌で娼婦殺しを繰り返し、そして飴売り姿で子供を誘拐・殺害する上エ地圭二も札幌に向かっていることを知った杉元+房太郎チームは、札幌に向かうことになります。

 しかし札幌では既に娼婦殺しを追う宇佐美と菊田がオストログと激突、そして土方一味も札幌に潜入と、三つの勢力全てが札幌に揃うことになります。そんな中、アシリパは杉元への想いを秘めつつ、父から託された想いを自分なりに受け継ぐことを決意し……


 と、風雲急を告げるこの巻の冒頭では少しずつ変化しながらも決して途切れることのない杉元とアシリパ(あと白石)の絆が再確認されることとなり、むしろこの旅の結末が遠くないことを感じさせます。
(それにしても二人でどこかに閉じ込められて――というのは王道ですが、その結果は少し切ない)

 一方、既に札幌入りした牛山は、今まさに子供を毒牙にかけんとした上エ地を発見、追跡するのですが――いつもの(?)ドリフのような大乱闘の末にたまたま杉元たちが食事していた店に突入、さらにそこに駆けつけた土方も加わり、さらに乱戦はエスカレート。
 波乱万丈な展開が連続しすぎてすっかり忘れていましたが、網走では土方に裏切られていた杉元は怒り心頭、殺し合いを繰り広げるのですが――そこで決然と割って入り、その場を収めるアシリパには、既に指導者としての片鱗が感じられます。

 かくて再び呉越同舟、手を組んだ杉元・土方両チームですが、ここでオストログが次に凶行を繰り広げる場所を、あまりにも意外な人物が突き止めることになります。
 一応土方に協力していたものの、史実通りのヒューマンダストっぷりに、ネタキャラ扱いかと思っていたあの人物。しかしその探偵事務所を開いてもいいんじゃないかという名探偵ぶり(すっとぼけ)には、流石に驚かされると共に、本作の人物配置の巧みさに、改めて感心した次第です。

 しかしそこでさらに驚かされるのが、次の犯行現場と同時に明らかになったオストログの正体(?)。コピーキャットかと思いきや、まさか――と、あまりの伝奇っぷりというか本作の何でもありぶりに、これまた感心いたしました。
 もっともそれでキャラが霞んでしまった感があるのが、同じく実在の殺人鬼がモチーフの上エ地。殺人鬼の大先輩が相手では分が悪い(同じモチーフ元のキャラの有名ネタは、前の巻で白石に使われているし……)としか言いようがありませんが、彼もまた、大きな役割が用意されているのでしょう。

 何はともあれ、最後の犯行現場を舞台に杉元・土方一味が網を張るところに鶴見一派の先遣隊が衝突、そしてそこに鶴見本人も到着と、大嵐の予感で終わるこの巻。
 さらに土方一味から離れ一人アシリパを付け狙う尾形、札幌にまで追ってきたソフィアも加わり、全ての勢力、ほとんど全てのキャラクターが集結して何が繰り広げられることになるのか――いつものことながら、いやこれまで以上に次の巻が楽しみで仕方がない、最高のヒキであります。

『ゴールデンカムイ』第25巻(野田サトル 集英社ヤングジャンプコミックス) Amazon

関連記事
 『ゴールデンカムイ』第1巻 開幕、蝦夷地の黄金争奪戦!
 『ゴールデンカムイ』第2巻 アイヌの人々と強大な敵たちと
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第3巻 新たなる敵と古き妄執
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第4巻 彼らの狂気、彼らの人としての想い
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第5巻 マタギ、アイヌとともに立つ
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第6巻 殺人ホテルと宿場町の戦争と
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第7巻 不死の怪物とどこかで見たような男たちと
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第8巻 超弩級の変態が導く三派大混戦
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第9巻 チームシャッフルと思わぬ恋バナと
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第10巻 白石脱走大作戦と彼女の言葉と
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第11巻 蝮と雷が遺したもの
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第12巻 ドキッ! 男だらけの地獄絵図!?
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第13巻 潜入、網走監獄! そして死闘の始まりへ
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第14巻 網走監獄地獄変 そして新たに配置し直された役者たち
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第15巻 樺太編突入! ……でも変わらぬノリと味わい
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第16巻 人斬りとハラキリとテロリストと
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第17巻 雪原の死闘と吹雪の中の出会いと
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第18巻 ウラジオストクに交錯する過去と驚愕の真実!
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第19巻 氷原の出会いと別れ さらば革命の虎
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第20巻 折り返し地点、黄金争奪戦再開寸前?
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第21巻 二人の隔たり、そして二人の新たなる旅立ち
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第22巻 原点回帰の黄金争奪戦再開
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第23巻 谷垣とインカラマッ 二人のドラマの果てに
 野田サトル『ゴールデンカムイ』第24巻 海賊の理想 そして全ては札幌を目指す

 『ゴールデンカムイ公式ファンブック 探究者たちの記録』 濃すぎる作品の濃すぎるファンブック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 『半妖の夜叉姫』 第24話「殺生丸の娘であるということ」 | トップページ | 鈴木ジュリエッタ『トリピタカ・トリニーク』第1巻 少女西遊記!? 三蔵の向かう先は »