« 4月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 藤本ケンシ『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』第1巻 信長、ループものの主人公に!? »

2021.03.08

『半妖の夜叉姫』 第22話「奪われた封印」

 千日行の最中の弥勒のもとに現れ、せつなの封印の法を奪った是露。次に夜叉姫たちの前に現れた是露は、とわを操り、せつなの封印を解いてしまう。妖怪の血を抑えきれず暴走するせつなを止めようとするも、苦戦を強いられるとわともろは。そこに弥勒の娘・金烏が駆けつけるが……

 アバンタイトルで描かれるのは、「現在」の麒麟丸と是露の姿、そしてかつて(前々回)妖霊星が地球に近づいた時の二人と犬の大将の姿。後世の敵対関係など微塵も感じられない――犬の大将の傍らで平然と居眠りをする麒麟丸――三人の姿には、ある種の感慨を抱かされます。
 そして美形ながら実にシブい格好良い声で、是露に声をかけて颯爽と去って行く犬の大将に、彼女は何を想ったのか……(しかし犬の大将、是露たちから「大将」「大将」呼ばわりされるのはさすがに、こう)

 さて、「現在」、その是露が現れたのは千日行の最中の弥勒の前。お露を名乗り、妖力を感じさせない(虹色真珠に分離してしまったので)是露を一目で只者でないと見抜き、意味ありげな彼女の物言いもさらりと流す弥勒からは、彼も年齢を重ねたことを感じさせますが――油断してあっさりと彼女の放つ蜘蛛糸(?)に動きを封じられ、せつなに施した封印の法を奪われるのはいかがなものか。
 この時気になるのは、弥勒が風穴に未練があると指摘する是露の言葉ですが――弥勒に投げかけた「いずれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」という歎異抄の親鸞の言葉の意味を考えれば、なかなか不穏な印象です。

 一方、そんなことになっているとはつゆ知らず、その封印がほどこされた長刀を研ぎに出そうと獣兵衛の元を訪れたせつな(ととわ)ですが、獣兵衛が紹介しようとしていた研ぎ師とはなんともろは。自分で「器用貧乏」と自称する(あまりにしっくり来すぎて、それ以降何を見ても「ああ、器用貧乏だしな……」と思う羽目に)もろはは、長刀研ぎにもその腕を発揮した上で、切れ味に違和感が生じているのは、せつなの封印の力が弱まっていることが影響しているのでは、と告げるのですが――もろはを信じ切れないせつなは、研ぎ師を探して町に向かうのでした。
 と、そこでとわを呼び止めたのは、今度は林檎売りに扮したお露こと是露。前回、理玖に虹色真珠をプレゼントしてしまったおかげで魔防が低下していたとわは、あっさりと是露の催眠術にかかり、ハイライトの消えた目に。そしてとわが動きを封じた隙に、せつなの封印は解かれてしまったのであります。

 はじめは、是露が子供時代の自分ととわを引き裂いた張本人と直感して怒りに燃えていたせつなですが、やがてヨウカイノチニクルフセツナになってしまい大暴走。何と蝶のような羽根を背中から生やして町を文字通り飛び出してしまったではありませんか。そのせつなに対して、暴走には暴走をぶつけんだよ! ともろはも紅夜叉モードになって後を追うのですが、器用貧乏の悲しさ――じゃなくて動きを封じるのにも限界があり、結局伸されてしまうのでした。
 と、そこに現れたのは、(第13話で妹の玉兎しか登場しなかったので)ファンの間では死亡説も流れていた弥勒の娘・金烏。父の法力の才を継いだらしい彼女は、父から状況を聞いて弟とともに駆けつけたのであります。

 しかし封印の法をほどこすには、せつなの動きを止める必要があるものの、それが簡単にできるはずもなく――と、ここでとわが姉としての自分の想いをぶつけるべく、後ろからせつなを抱きしめます。暴走に傷つけられつつも貫いたとわの想いは確かに届き、己を取り戻して動きを止めたせつなは、再び封印を施されるのでした。しかしその腕には、以前にはなかった妖怪の血の名残が……

 そして場面が映り、画面に映し出されたのは旅客機――えっ!? と思いきや、舞台は「未来」、すなわち現代に。空港らしき場所で夜空を見上げているのは、とわの担任・希林先生であります。再び夜空に輝く赤い妖霊星のことを明らかに知っている口ぶりの彼の正体は……


 と、メインのエピソード自体もなかなか面白かったのですが、ラストの衝撃に全て持って行かれた感のある今回。名前と声からしてあからさまに怪しかった希林先生ですが、はたして麒麟丸本人なのか、あるいは分身のようなものなのか。大妖怪なので現代まで生き続けていても不思議はありませんが……

 そのほか、是露とりんに何らかの繋がりがあることが仄めかされたり、刀々斎も一瞬登場、意味ありげなことを言っていたりと、この先の展開が気になりまくる上に、次回予告にはどこかで見たような美女――「殺生丸の母」までもが登場。
 どう考えてもあと二話で完結する気はしませんが、さて……
(少なくとも弥勒が千日行終わる前に番組が終わってそうで心配です)


『半妖の夜叉姫』Blu-ray Disc BOX 2(アニプレックス) Amazon

関連サイト
公式サイト

関連記事
『半妖の夜叉姫』 第1話「あれからの犬夜叉」
『半妖の夜叉姫』 第2話「三匹の姫」
『半妖の夜叉姫』 第3話「夢の胡蝶」
『半妖の夜叉姫』 第4話「過去への扉」
『半妖の夜叉姫』 第5話「赤骨御殿の若骨丸」
『半妖の夜叉姫』 第6話「古寺の猫寿庵」
『半妖の夜叉姫』 第7話「林檎の出会い」
『半妖の夜叉姫』 第8話「夢ひらきの罠」
『半妖の夜叉姫』 第9話「冥王獣の冥福」
『半妖の夜叉姫』 第10話「金と銀の虹色真珠」
『半妖の夜叉姫』 第11話「人喰い沼の呪い」
『半妖の夜叉姫』 第12話「朔の夜、黒髪のとわ」
『半妖の夜叉姫』 第13話「戦国おいしい法師」
『半妖の夜叉姫』 第14話「森を焼いた黒幕」
『半妖の夜叉姫』 第15話「月蝕、運命の惜別」
『半妖の夜叉姫』 第16話「もろはの刃」
『半妖の夜叉姫』 第17話「二凶の罠」
『半妖の夜叉姫』 第18話「殺生丸と麒麟丸」
『半妖の夜叉姫』 第19話「愛矢姫の紅夜叉退治」
『半妖の夜叉姫』 第20話「半妖の隠れ里」
『半妖の夜叉姫』 第21話「虹色真珠の秘密」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 4月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 藤本ケンシ『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』第1巻 信長、ループものの主人公に!? »