« 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3』 第3話「愛執の皇女」 | トップページ | 伊吹亜門『雨と短銃』 幕末史の陰に生きた人々を描く「時代ミステリ」 »

2021.04.20

梶川卓郎『信長のシェフ』第29巻 今明かされるヴァリニャーノ真の目的!?

 いよいよ物語は結末に近づき、ついに本能寺の変の前年に。この巻では、以前から不穏な動きを見せ続けていたキリスト教勢力との対峙が、一巻まるごと描かれることとなります。日本に迫る危機とは、そしてヴァリニャーノの策謀とは……

 以前から西国で、そして畿内でも怪しげな動きを見せていたイエズス会宣教師たち。その日本におけるトップというべきヴァリニャーノが、ついに京に上洛することとなりました。目的はもちろん信長との対面ですが――彼が連れてきた黒人従者目当てに騒動が起きたと知り、興味を持った信長が、従者の方とまず会いたがったことで、思わぬ騒動が起きることとなります。

 従者の口から、イエズス会のこれまでの活動が漏れることを嫌い、彼の存在を隠そうとするヴァリニャーノと、その動きに不審を抱き、何とか捕らえようとする光秀。両者の攻防は、偶然ヴァリニャーノの工作の場に居合わせたケンの機転により、信長側が制することとなりますが――しかし従者は長たちに心を許そうしません。
 従者を預けられたケンは、料理の力で相手の口を開かせようとするのですが……

 はたしてケンの試みはうまくいくのか、そしてヴァリニャーノの真の目的と、それに対する信長の答えは――?


 以前、意味有りげに語られた日本の経度に込められた意味と、日本に迫る危機の正体を中心に展開するこの巻。興を削がない程度に書いてしまえば、それは大航海時代におけるポルトガルとスペインの対立と、それに対するある解決策にまつわるものであります。

 一見日本の戦国時代とは無関係なそれが、信長の行動に――さらにこの巻の描写を見れば、おそらくこれから先のある人物の行動にも――関わる。いやそれどころかケンの運命、それもそのほとんど始まりの時点から関わっていたというのは、これは何ともスケールの大きな展開としかいうほかありません。

 もっとも、この展開の題材自体は、最近妙に見かけるようになったもの――そしてさらに言ってしまえば、陰謀論界隈ではある意味懐かしいもの――ではあり、あまりそこに重心を置かれてもなあ、という印象は正直なところあるのですが……
(と言いつつ、この巻のラストで語られる変化球には素直に驚かされたのも事実ではあります)

 しかしそれ以上に気になってしまったのは、信長に「これよりがおぬしの本当の戦いじゃ」とシビれることを言われながら、ケンの料理(による問題解決)の出番が、従者の足止めと、従者の心を開かせるくだり、二回しかなかったことであります。
 しかも、後者はかなりバラエティに富んで面白い(結論もまたうまい)のに対し、前者はかなり強引だったのが引っかかるところで――いや、何だか妙に美味しそうなのは確かなのですが。


 などとどうしても厳し目の印象となってしまうのですが、これまでかなり長い時間をかけてひっぱってきたあの人物が、歴史上かなりマイナーながら、確かにこの展開に関わるのに相応しい武将との絡みでついに顔を(?)見せるなど、やはり唸らされる部分も少なくない本作。

 おそらく結末の流れまではほとんどできあがっているのだと思いますが――この先そこに至るまで、作中時間で残すところ一年半の間に描かれるものに期待したいと思います。


『信長のシェフ』第29巻(梶川卓郎 芳文社コミックス) Amazon

関連記事
 「信長のシェフ」第1巻
 「信長のシェフ」第2巻 料理を通した信長伝!?
 「信長のシェフ」第3巻 戦国の食に人間を見る
 「信長のシェフ」第4巻 姉川の合戦を動かす料理
 「信長のシェフ」第5巻 未来人ケンにライバル登場!?
 「信長のシェフ」第6巻 一つの別れと一つの出会い
 「信長のシェフ」第7巻 料理が語る焼き討ちの真相
 「信長のシェフ」第8巻 転職、信玄のシェフ?
 「信長のシェフ」第9巻 三方ヶ原に出す料理は
 「信長のシェフ」第10巻 交渉という戦に臨む料理人
 『信長のシェフ』第11巻 ケン、料理で家族を引き裂く!?
 『信長のシェフ』第12巻 急展開、新たなる男の名は
 梶川卓郎『信長のシェフ』第13巻 突かれたケンの弱点!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第14巻 長篠への前哨戦
 梶川卓郎『信長のシェフ』第15巻 決戦、長篠の戦い!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第16巻 後継披露 信忠のシェフ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第17巻 天王寺の戦いに交錯する現代人たちの想い
 梶川卓郎『信長のシェフ』第18巻 歴史になかった危機に挑め!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第19巻 二人の「未来人」との別れ、そして
 梶川卓郎『信長のシェフ』第20巻 ケン、「安心」できない歴史の世界へ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第21巻 極秘ミッション!? 織田から武田、上杉の遠い道のり
 梶川卓郎『信長のシェフ』第22巻 ケンの決意と二つの目的と
 梶川卓郎『信長のシェフ』第23巻 思わぬ攻防戦、ケンvs三好!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第24巻 大坂湾決戦の前哨戦にケン動く
 梶川卓郎『信長のシェフ』第25巻 新たな敵に挑む料理探偵ケ
 
梶川卓郎『信長のシェフ』第26巻 ケンと村上父子の因縁、決着!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第27巻 本願寺への道? ケン、料理人から××へ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第28巻 石山合戦終結 そして数多くの謎と伏線

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3』 第3話「愛執の皇女」 | トップページ | 伊吹亜門『雨と短銃』 幕末史の陰に生きた人々を描く「時代ミステリ」 »