« みもり『しゃばけ』第3巻 連続殺人と若だんなの人生と 急加速する二つの「本筋」 | トップページ | 『長安二十四時』 第4話「午の刻 窮地の靖安司」 »

2021.07.11

8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 もう7月に入り、何だかんだでもうすぐお祭り騒ぎが始まりますが、インドア派としてはこの暑い時期は屋内で読書に勤しみたい――というわけで気になるのは来月の新刊です。そこで8月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 といっても来月はちょっと少なめの印象。文庫新刊では、まず必見は快調シリーズ"愛3弾の『元禄八犬伝 3 歯噛みする門左衛門』(田中啓文 集英社文庫)。そして今ではなんだかずいぶん懐かしい印象の妖怪時代小説『あやかし長屋 嫁は猫又』(神楽坂淳 講談社文庫)も気になります。

 妖怪時代小説といえば、最後の招き猫文庫というべき『にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帖』(あさのあつこ)が祥伝社文庫から復刊。
 その他文庫化・復刊では、漫画版第1巻も同月発売の『Cocoon 5 瑠璃の浄土』(夏原エヰジ 講談社文庫)、おそらく『見返り検校』改題の『仇討検校』(乾緑郎 新潮文庫)のほか、『若さま同心徳川竜之助 5 秘剣封印』〈新装版〉(風野真知雄 双葉文庫)、『信長、天が誅する』(天野純希 幻冬舎時代小説文庫)、『信長、天を堕とす』(木下昌輝 幻冬舎時代小説文庫)、『開化鉄道探偵 第一〇二列車の謎』(山本巧次 創元推理文庫)あたりが要チェックでしょうか。


 一方漫画の方では、まず気になるのは『瀧夜叉姫 陰陽師絵草子』第2巻(伊藤勢&夢枕獏 KADOKAWAヒューコミックス)と『逃げ上手の若君』第2巻(松井優征 集英社ジャンプコミックス)の異色作の続刊二冊と、『猫奥』第3巻(山村東 講談社モーニングKC)。

 その他気になるのは、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』第3巻(藤本ケンシ&井出圭亮 講談社ヤンマガKCスペシャル)、『ZINGNIZE』第6巻(わらいなく 徳間書店リュウコミックス)、『啄木鳥探偵處』第2巻(南晋也&伊井圭ほか 講談社ヤンマガKCスペシャル)でしょうか。
 また中国ものでは、『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』第20巻(川原正敏 講談社コミックス月刊マガジン)、水滸伝ファン必見の『爆宴』第4巻(士貴智志&イダタツヒコ 講談社シリウスKC)が登場です。


 ちょっと、というよりだいぶ少なかったかもしれないですね来月は……


このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« みもり『しゃばけ』第3巻 連続殺人と若だんなの人生と 急加速する二つの「本筋」 | トップページ | 『長安二十四時』 第4話「午の刻 窮地の靖安司」 »