« 10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2021年10月号(その一) »

2021.09.13

『長安二十四時』 第11話「未の刻 忠誠を誓いし者」

 崔器に犬を借りてくるよう命じた張小敬は、犬に聞染の香の匂いを嗅がせて追いかける。その頃、靖安司には郭利仕将軍が李必を訪ね、状況が太子方に不利になっていることを告げる。一方、聞染は、曹破延らに助っ人を紹介すると申し出るが、連れて行った先に待っていたのは龍波一味だった……

 前回聞染の機転によって救われながらも、彼女のことを信用できず殺そうとするマガル。しかし聞染は彼らの主たる右刹は自分たちに従っており、支払われた前金で既に長安にいくつもの屋敷や妓女、下僕を用意して優雅に暮らそうとしていると告げ、真のチェラホトのための助っ人の所に連れて行ってやると誘います。そして曹破延はその提案に乗るのですが――彼らが連れて行かれた先は、龍波たちのアジトだったのであります。ということは聞染は龍波の仲間であり、龍波が右刹を動かしていたということで、つまり曹破延は知らないまま龍波のために働かされていた――ということになるのでしょうか。
 そんな事実が明らかになる一方で、その聞染を追う小敬は、崔器を顎で使って宮中から犬を借りてくるよう命じます。小敬のことを敵視していた崔器ですが、前々回・前回の大チョンボを庇われた形になって、今日だけは小敬の言うことを聞くと言っているのが、何とも愉快というか何というか……

 その頃、靖安司には狼衛全滅が偽りであった知らせが伝わり、お祝いムードが一変。そんな中で李必はチェラホト阻止のため、可燃物の捜索を最優先するのですが――それに異を唱えたのは、珍しやデータ分析担当の徐賓であります。ここはむしろ逃げた狼衛を追って捕らえてしまえば狼衛壊滅も嘘でなくなるし、結果としてチェラホトも阻める――と食い下がる徐賓に、こちらも珍しく苛ついた李必が墨をぶっかけるというギスギス状態です。

 と、そこにやってきたのは驃騎大将軍の郭利仕。以前、葛の旦那のところで金器を私した疑いがあったことが語られていましたが――その時頭に浮かべた「将軍」のイメージとはだいぶ異なる政治家然とした老人であります(まあ、この時代は名誉職だったようですが)。
 この郭利仕は太子派の大物らしく、李必も「郭おじさま」と呼びかけていますが、彼が李必に伝えたのは皇帝の言葉。李必ら靖安司をねぎらうように聞こえるその言葉に喜ぶ李必ですが、しかし郭利仕に言わせればこれこそが危険の前触れ。現に郭利仕は茶器を私した疑いをかけられ(この辺りは前回描かれた右相の企てによるものですね)、完全に皇帝から遠ざけられて諫言はもはや不可能になってしまったというのです。要するに自分には助けることはできないというのですが……(しかし、これがどこまで真実を言っているのか、疑おうと思えば疑えますが)

 さて、龍波と引き合わされた曹破延とマガルは、当然ながら右刹の上に立っているという龍波に疑いの眼差しを向けるのですが――ここで曹破延が娘を右刹の下人にしないために下僕の地位に甘んじていることなど、狼衛の内情を知る者以外知りえないことをズバリと語る龍波。その言葉にこれは本物と感じたものか、龍波の誘いに対し、二人は自分たちの命を使えと膝を屈するのでした。
 一方、魚腸は何かと龍波に気安げな(龍波も聞染のことを「お嬢」と呼んだり)聞染に露骨に剣呑な眼差しを向けます。龍波からあなたの香と同じ香りがしたことがあったけど?(ギロリ)という辺りなど殺る気マンマンですが、頭は回るけれども空気は読めない聞染は魚腸を挑発するようなことを言ったりして、この後のことが心配になります。
 そして崔器が連れてきた犬をカワイイカワイイして速攻で手懐けた小敬は、その聞染の香を犬に嗅がせて後を追いかけるのですが、街の雑踏の中を突っ走るもんだから流しの香売りと激突、匂いがグチャグチャな状態に。それでも手段はありげな顔の小敬ですが……

 一方、永王のもとを訪れた檀棋は、小敬の「張小敬の縁者を放せ」という言葉を伝えるのですが――それまで彼女のことを適当にあしらっていたのが、小敬の名を聞いた途端に表情を変える永王。そりゃ以前ボコボコにされればそうもなろうというものですが――さて。


 前回に続き、今後の展開に向けてのタメ的な印象もある今回ですが、何といってもインパクトがあったのは、聞染が龍波と繋がっていた事実でしょう。いつ繋がったのかというのも気になりますが(おそらく父の死後だとは思いますが)、龍波が立場的に狼衛の完全に上というのも意外なところ。そもそもかなりの財力を持つと思しい彼の正体は何なのか、そして長安を狙う理由は何か――まだ彼が真の敵なのかはわかりませんが、この先の展開の鍵を握る存在なのは間違いありません。
 そしてラストは、龍波が何やらピタゴラスイッチ的な仕掛けを用意している場面が映されますが――見た目はどう見てもタル爆弾的なその正体は何か? 真・チェラホトの一端が明かされるのも遠くなさそうであります。


『長安二十四時』Blu-ray BOX1(TCエンタテインメント Blu-rayソフト) Amazon

関連記事
『長安二十四時』 第1話「巳の正刻 戦いの始まり」
『長安二十四時』 第2話「午の初刻 小敬、始動」
『長安二十四時』 第3話「午の正刻 遺された暗号」
『長安二十四時』 第4話「午の刻 窮地の靖安司」
『長安二十四時』 第5話「午の刻 人脈を持つ男」
『長安二十四時』 第6話「午の刻 地下都市の住人」
『長安二十四時』 第7話「未の初刻 信望の結末」
『長安二十四時』 第8話「未の初刻 小敬の過去」
『長安二十四時』 第9話「未の正刻 誰がために」
『長安二十四時』 第10話「未の刻 重なる面影」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2021年10月号(その一) »