« 『半妖の夜叉姫』 第25話「天生牙を持つということ」 | トップページ | 石川優吾『BABEL』第9巻 攻防死人戦線 そして決戦の地、その名は…… »

2021.10.04

奈々巻かなこ『神域のシャラソウジュ 少年平家物語』第2巻 悩める少年/神人たちの物語は何処へ

 平安時代末期、「神人」として平家を守る少年・千珠丸を通じて、平家の隆盛と落日を描く異形の平家物語、待望の続巻であります。平家と敵対する同じ神人・遮那王から神人誕生の秘密を聞かされ、動揺する千珠丸。徳子が帝の子を産み、さらなる栄華を極めるかと思われた平家にもついに翳りが……

 六波羅の平清盛の屋敷の奥に住まう少年・千珠丸。平治の乱の頃から変わらぬ姿で在り続け、大怪我を負ってもやがて治ってしまう彼は、「神人」と呼ばれ、平家の守り神として、その隆盛を支えてきたのであります。

 そんな中、彼と同じ神人を名乗る少年・遮那王と出会った千珠丸。以来、何かとちょっかいをかけてくる遮那王と、成り行きから彼は鞍馬山で一時の共同生活を送ることになります。そこで遮那王から、自分たち神人は生贄として一度は神に捧げられ、再びこの世に還された人間と聞かされ、衝撃を受ける千珠丸ですが……
 というわけで、平清盛に始まる平家の隆盛を陰ながら支えてきた千珠丸の視点から、平安時代末期の争乱を描く本作。この第2巻では、その威光が頂点に達した平家が、いよいよ下り坂に向かっていく姿が描かれることになります。

 千珠丸不在の中、彼と瓜二つの顔を持つ謎の少女によって、疫神を憑けられて倒れた徳子。悪夢の中で自分の子が浪の下へ沈む姿を目の当たりにして苦しむ徳子は、帰還した千珠丸によって助けられたものの、今度は遮那王の呼び出した雷獣に重盛がその身を焼かれ、瀕死の重傷を負うことになります。
 暗いムードとなりつつも、それでも徳子が帝の子を授かるという大逆転のチャンスを掴んだ平家。しかしその矢先に重盛が死に、千珠丸はその最期の言葉に神人の真実を感じ取るとともに、自分が遮那王の父の仇であると知ってしまうことになります。平家を守る理由がなくなったと沈む千珠丸ですが、しかし……


 後白河院との対立や、高倉帝への践祚の要求など、その隆盛の頂点で朝廷と衝突を繰り返し、やがて高転びに転ぶことになる平家。
 その姿はこれまでネガティブに描かれることがほとんどでしたが、本作はその平家の人々をどこまでも人間臭く――というよりごく普通の人間たちとして描くことによって、彼らもまた、混沌の時代に懸命に生きるうちに、運命に翻弄された者たちとして描きます。

 そしてその運命から彼らを守り、あるいはその運命の代理人のような形で彼らを襲う神人の存在ですが――前巻ラストで語られたその正体が真実であったと判明したことが、その神人たる千珠丸自身の運命を狂わせていくことになります。
 自分が家族と信じていた者たち、自分の居場所だったと信じていた場所が、全て偽りであったとしたら――その姿と同様、少年の心を持ち続ける千珠丸にとって、それはあまりに大きな衝撃であることは間違いなく、そこから更なる悲劇が生まれる展開にも納得です。


 そしてこの第2巻で、完全にもう一人の主人公として存在しているのが遮那王です。言うまでもなく彼こそは源義経――源義朝と常盤御前の間の子ですが、その母に文字通り捨てられ、彼はただ一人、強がりでその身を鎧って生きていくことになります。
 そんな中でようやく見つけた自分と同じ存在である千珠丸ですが、彼にはたくさんの家族と帰る家がある存在。そんな彼に憧れつつも拒否され、そしてついに千珠丸の家族を傷つけてしまう遮那王の屈折した想いは、やがて千珠丸の敵となることにとって対等の存在となれると考えるまでに……

 本作のサブタイトルは少年平家物語ですが、なるほど、千珠丸と遮那王のナイーブな心の揺れは子供でも大人でもない、「少年」ならではのもの。そしてその「少年」らしさで自らを傷つけ、周囲を傷つける遮那王の姿は、「少年義経記」と言いたくなるほど、印象的なのです。


 それにしても本作の登場人物たちは、大きくカリカチュアされているにもかかわらず、平家物語等に描かれれた姿から不思議なほどに違和感なく、そして人間としての陰影すら感じられるのが素晴らしい。
 本作において最も「漫画」的に感じられる後白河院も、その本作ならではの人物造形が、逆に極めてリアルな存在として感じられるのには感心させられました。
(そしてそんな彼の執着が、頑なな遮那王の心をある意味溶かすくだりは圧巻!)

 そんな人間たちと、悩める神人たちの物語はどこに行き着くのか――いよいよ次巻にて物語は結末を迎えることとなります。


『神域のシャラソウジュ 少年平家物語』第2巻(奈々巻かなこ 秋田書店ボニータコミックス) Amazon

関連記事
奈々巻かなこ『神域のシャラソウジュ 少年平家物語』第1巻 「大人の男たちの世界」の外側から見た物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 『半妖の夜叉姫』 第25話「天生牙を持つということ」 | トップページ | 石川優吾『BABEL』第9巻 攻防死人戦線 そして決戦の地、その名は…… »