« 12月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「妖異の世界史」公開 »

2021.11.07

『半妖の夜叉姫』 第30話「退治屋翡翠」

 眠りに落ちている間に、扇谷柊家の愛矢姫の差金で攫われてしまったせつな。せつなを替え玉に仕立てて姫が遊びに出かけた後、せつなの前に現れたのは、作法指南役として姉の金烏の替え玉に仕立てられた翡翠だった。せつなに自分の家族のことを語る翡翠だが、姫が妖怪に捕まったという報せが入り……

 久々に本筋にほとんど全く関係ないエピソードだった今回(しかしアバンでりんの事情をとわが語るのですが、本編中でここまでとわが知る機会はありましたっけ?)。というより翡翠回にして、あの何とも困ったキャラの再登場回です。

 前回ラストでブッ倒れてからそのまま寝続けているというせつな。まさか十数年分の睡眠時間を一気に取るのでは、と心配になりますが、とわが楓に言いつけられてその場を離れた間に、せつなに怪しの忍者たちが迫ります。そして彼女が目覚めてみれば、そこは管領・扇谷家の屋敷の中。いつの間にか美しく着飾らされた彼女の前に現れたのは、町娘ルックの愛矢姫――要は姫様としてのあれこれから抜け出すために、背格好の似たせつなを替え玉に仕立てようとしていたのです。
 姫に泣き落とされ、不承不承替え玉を務めることになったせつなですが、そこにやってきたのは、何だか妙な声の作法指南役。金烏と名乗っているようですが、それは――と思えば、そこに現れたのは何と姉の金烏の格好(有髪の尼)をした翡翠ではありませんか。聞けば金烏は弟に指南役を押し付けて、もう一人の姉の玉兎とどこかに行ってしまったとか。翡翠の方はこの手のことには慣れているようですが……(よりによって妖怪退治屋の同僚に女装姿を見られても全く動じない翡翠の根性もスゴい)

 成り行きとはいえ、「姫」と「指南役」になったことから、せつなに和歌やら何やらを指南する翡翠。その流れで彼は自分の家族のこと、過去のことを語ることになります。彼が子供の頃は弥勒が学問を教えるなど、かなりしっかり教育されていたようですが、法師の方は金烏が跡を継ぎ、退治屋の手伝いは玉兎が――ということで、いつの間にか家族の中で浮いた感じになってしまった翡翠。そんな中、妖怪退治屋として戦う琥珀に命を助けられ、その姿に憧れて自分も退治屋になった、ということだそうです。
 母親の珊瑚を除けば(翡翠によれば彼女もそれなりにナニのようですが)、性格に色々難ありの家族であるだけに、結構苦労はあったようですが、何だかんだで家族がずっと身近にいて――一時期父に反発していたとはいえ――家族仲も良好という、本作ではかなり珍しい部類に入る翡翠。そのせいか、屈託なく家族のことを語る翡翠に、せつなはちょっと微妙な表情を見せます。

 あー何かこの二人結構お似合いかもなあ、などと考えながら観ていたのですが、そこに飛び込んできたのは姫の家来。例によって調子に乗った姫は妖怪見物に行き、そこで捕まってしまったというのであります。放っておくわけにもいかず、替え玉のせつなを残して急行した翡翠が見たものは、タコ坊主なるストレートにもほどがあるタコ妖怪。しかし巨大な上に触手を斬ってもすぐ再生、さらに捕まった姫がおとなしくしていないという、どうにも鬱陶しい敵であります。
 というか一番鬱陶しいのはなのですが、さすがにぞんざいには扱えない翡翠は大苦戦――と、そこに駆けつけた金烏が御札攻撃の連打、さらに玉兎が煙玉連打と明らかに面白がりながら援護射撃。そして姫も面白がる――という状況の中でも生真面目な翡翠は、タコ坊主の真の顔を発見して一撃で粉砕、妖怪から離されて落下した姫も、翡翠にお姫様だっこで救出されるのでした。

 そして姫様はお約束で翡翠にメロメロになり、翡翠の方はそれに全く気付かない、という状況でお話は幕。あ、せつなの方はさっさとバレて先に帰り、過保護モード全開で不審者になったとわに抱きつかれていました。


 というわけで、この人が出てきたら今回はギャグ回ですよ、という合図のような愛矢姫が再登場した今回。本当に物語を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して何も残らないというある意味稀有なキャラで、分割とはいえ4クールは余裕があっていいな――と思います。

 まあ今回の収穫は、翡翠の数少ないまとも人間っぷりでしょうか。何となく草太パパと話が合いそうですね。


関連サイト
公式サイト

関連記事
『半妖の夜叉姫』 第1話「あれからの犬夜叉」
『半妖の夜叉姫』 第2話「三匹の姫」
『半妖の夜叉姫』 第3話「夢の胡蝶」
『半妖の夜叉姫』 第4話「過去への扉」
『半妖の夜叉姫』 第5話「赤骨御殿の若骨丸」
『半妖の夜叉姫』 第6話「古寺の猫寿庵」
『半妖の夜叉姫』 第7話「林檎の出会い」
『半妖の夜叉姫』 第8話「夢ひらきの罠」
『半妖の夜叉姫』 第9話「冥王獣の冥福」
『半妖の夜叉姫』 第10話「金と銀の虹色真珠」
『半妖の夜叉姫』 第11話「人喰い沼の呪い」
『半妖の夜叉姫』 第12話「朔の夜、黒髪のとわ」
『半妖の夜叉姫』 第13話「戦国おいしい法師」
『半妖の夜叉姫』 第14話「森を焼いた黒幕」
『半妖の夜叉姫』 第15話「月蝕、運命の惜別」
『半妖の夜叉姫』 第16話「もろはの刃」
『半妖の夜叉姫』 第17話「二凶の罠」
『半妖の夜叉姫』 第18話「殺生丸と麒麟丸」
『半妖の夜叉姫』 第19話「愛矢姫の紅夜叉退治」
『半妖の夜叉姫』 第20話「半妖の隠れ里」
『半妖の夜叉姫』 第21話「虹色真珠の秘密」
『半妖の夜叉姫』 第22話「奪われた封印」
『半妖の夜叉姫』 第23話「三姫の逆襲」
『半妖の夜叉姫』 第24話「殺生丸の娘であるということ」
『半妖の夜叉姫』 第25話「天生牙を持つということ」
『半妖の夜叉姫』 第26話「海の妖霊」
『半妖の夜叉姫』 第27話「銀鱗の呪い」
『半妖の夜叉姫』 第28話「産霊山の結界」
『半妖の夜叉姫』 第29話「りおんという名の少女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 12月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「妖異の世界史」公開 »