« 重野なおき『信長の忍び』第19巻 伊賀と村重と本願寺と | トップページ | 9月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2022.08.05

風野真知雄『宮本武蔵の猿 奇剣三社流 望月竜之進』 帰ってきた最古参の風野ヒーロー!?

 同時に三人の敵を相手にすることを想定した実戦派剣術・三社流――その流祖である放浪の剣客・望月竜之進が、行く先々で有名人と動物にまつわる事件に巻き込まれる姿を描く連作短編集の第一弾であります。実は風野作品でも最古のヒーローである竜之進が見せる、剣と知恵の冴えは……

 東軍流を修めた父の剣を受け継ぎながらも、自分の剣を求めて修行を続ける剣客・望月竜之進。ある日、江戸近くまで戻ってきた竜之進は、品川で何やら味のある老僧に出会うのですが――なんとその老僧とはかの沢庵和尚だったのです。
 誘われるまま沢庵の東海寺に滞在することとなった竜之進は、小坊主の天然と共に寺での時間を過ごすのですが、実は天然に天賦の剣才があることに気付きます。そしてその天然の存在が、竜之進を騒動に巻き込むことに……

 そんな「沢庵和尚の蛙」から始まる本書は、剣の腕は滅茶苦茶立つけれども普段は温厚でちょっとお人好し、そして世渡り下手な竜之進が、謎解きに、剣戟に活躍する姿を描く全五話で構成されています。

 晩年の武蔵が剣を仕込んだという猿を預かる老剣士の道場を訪れた竜之進が、父の恨みを猿に晴らそうという佐々木小次郎の子の企てを知る「宮本武蔵の猿」
 江戸で道場を開こうと家を借りるも蚤だらけで悪戦苦闘の竜之進が、町奴と旗本奴の争いに巻き込まれ、風呂場で殺されたという長兵衛の謎を暴く「幡随院長兵衛の蚤」
 山中で飼われていたのが解き放たれ、人の味を覚えた異国の虎と、その背後のある陰謀に竜之進が挑む「由井正雪の虎」
 江戸で押し込みを働き、甲府に逃げてきた五人の牢人を次々と惨殺していく、黒牛さまなる妖怪の正体を竜之進が追う「武田信玄の牛」

 いずれのエピソードも、単純に剣の力で解決できる事件ではなく、多くの場合、そこに謎解きの要素が絡み、それを解いて初めて事件を解決できる――そんなミステリ味を感じさせる内容ですが、人の血が流れても殺伐とならないのは、竜之進のキャラクターゆえでしょうか。
(唯一、ほとんど謎解き要素なしで人喰い虎との死闘が描かれる「由井正雪の虎」は、本書の中では異色作ではありますが、それだけに印象に残る作品となっています)


 と、収録作品に見覚えがあるという方もいるかもしれませんが、それは収録作品のちょっと複雑な構成によります。
 実は本書の収録作品のうち、「宮本武蔵の猿」と「由井正雪の虎」は、2008年に竹書房時代小説文庫から刊行された『厄介引き受け人 望月竜之進 二天一流の猿』に収録された作品の再録なのです。

 ちなみにそれ以外の三作品は、2015年から2017年にかけて雑誌に発表された作品と、十年近く発表時期が離れている――と言いたいところですが、「由井正雪の虎」は先の文庫版からさらに十年前に雑誌掲載なのでさらに離れた作品となります(ちなみに本書には収録されていませんが、「自甚五郎のガマ」は、作者のデビュー作を収録した最初期の短編集『黒牛と妖怪』に収録されています)。
 ――と、細かいことばかり述べてしまいましたが、要は望月竜之進というヒーローは、相当長い期間に渡り書き継がれてきた、作者の作品でも屈指のなのであります。
 そのような視点から見ると、本書に収録された物語が、良い意味で大きく変わっていないのは、興味深いことと感じます。

 ライトなミステリ性とアクションを主体とした物語、マチズモとは無縁の心優しき主人公、そして弱者や敗者への優しい視線――そんな作者の作品を貫く魅力は、長きに渡り培われてきたことがわかるのですから。


 さて、本シリーズはこの後、『服部半蔵の犬』『那須与一の馬』と二冊刊行されていますが、それらも竹書房時代小説文庫からの再録+雑誌掲載作品の収録というスタイル。そちらでも作者の新旧変わらぬ魅力が描かれているか、確かめたいと思います。


『宮本武蔵の猿 奇剣三社流 望月竜之進』(風野真知雄 光文社文庫) Amazon

関連記事
「厄介引き受け人望月竜之進 二天一流の猿」 手堅い面白さの連作集

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

|

« 重野なおき『信長の忍び』第19巻 伊賀と村重と本願寺と | トップページ | 9月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »