« 夕木春央『サロメの断頭台』 一流のホワイダニットの先に待つ罪と罰 | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2024年5月号(その二) »

2024.04.15

「コミック乱ツインズ」2024年5月号(その一)

 「コミック乱ツインズ」2024年5月号は、表紙が『そぞろ源内 大江戸さぐり控え帳』、巻頭カラーは『鬼役』、そして特別読み切りが一挙三作掲載されています。今回も、印象に残った作品を一つずつ紹介します。

『江戸の不倫は死の香り』(山口譲司)
 家族同然に付き合っていた友人の治兵衛に、妻のおまつを寝取られた小間物屋の源七。しかし潔く離縁した源七は、入り婿だったため、二人の娘を残して家を出て去るのでした。
 その後、我が物顔に出入りしてはおまつといちゃつく治兵衛。しかしおまつが重い病に罹った後、治兵衛は彼女の二人の娘――盲目のおゆうとまだ幼いおかつたちに目をつけて……

 不義が露呈してもやけにあっさり夫が引き下がった――と思いきや、個人的に本作史上最も胸糞悪い展開となった今回。これはさぞかし凄惨な復讐が――と思わず期待してしまいますが、意外な結末を迎えることになります。
 これはさぞかし例繰方も頑張ったのだろうな、と今号の特別読み切りを思い浮かべたりしましたが、前回に続き、変化球のエピソードというべきでしょうか。なんかいい話っぽくまとめても、やっぱり最低の話ですが!


『猫じゃ!!』(碧也ぴんく)
 今号の特別読み切りその一は、何と本誌初登場となる碧也ぴんくによる猫漫画。作品の大半が歴史ものながら、江戸ものは比較的少ない印象の作者(もっとも最新作は江戸もの)ですが、今回の題材は猫大好きの浮世絵師――そう、歌川国芳であります。

 浮世絵を学びたいと、国芳の門を叩いた七歳の河鍋周三郎。しかしやたらとゴツくて荒んだ印象の国芳は、ろくに絵も教えずに出歩いてばかり。しかも畳の隙間に米粒をくっつけるという奇行まで見せます。
 さすがに呆れてきた頃、周三郎は町で他の猫と喧嘩しているトラ猫を目撃するのですが……

 と、今や江戸で猫といえばこの人、というべき超有名人を題材とした本作。当然、同じ題材の作品も数多くありますが、本作はまだ幼い子供の目から描くことで、国芳の奇人ぶりと、それと背中合わせの人情(?)を浮き彫りにしてみせます。
 特に、冒頭からひたすら怖かった国芳が「碧也スマイル」というべき顔を見せるシーンは実に印象的。河鍋少年の登場や、猫の名前がおこまだったりと、ニヤリとできるところも含めて、流石、安心して読める作品です。
(にしても「肝は据わっておる」と自称する河鍋くん、そりゃあ貴方はそうでしょうとも……)


『ビジャの女王』(森秀樹)
 いよいよクライマックスの蒙古軍とビジャの攻防戦――ついに残り一本となった攻城塔のバランスを崩し、城壁を壊しつつ侵入経路を作るという蒙古軍の奇策が炸裂したのには、さすがに飄々としたモズも首を傾けたまま固まっています。
 が、そこで蒙古軍の作戦の思わぬ穴が判明、なるほど、そりゃそうだよなあ――と思わされつつ、更なる混沌とした状勢に繋げていくのはお見事です。

 ここで妨害策に出たモズですが、しかしその内容があまりに当然過ぎるのが災いして――という展開は、本当に迂闊すぎて、これも策の一つではないかと疑いたくもなります。流石にそれは深読みという気がしますが、いずれにせよ、もう後がない両軍の決着もあとわずかでしょう。


『殺っちゃえ!! 宇喜多さん』(重野なおき)
 自らの身を囮にして相手に出来た隙を、自らの肉親に突かせるという、ちょっと暗殺大名らしからぬ戦法で、ついに三村元親を追い詰めた宇喜多直家。

 このクライマックスの状況で、毎回四コマギャグをやるのが凄いのですが(特に自分でも落ち着かない直家とか)――やはり今回のクライマックスは直家が語る、ある意味身も蓋もない、しかし彼だからこその戦国大名観と、それと表裏一体というべき、元親が悟った彼の敗因でしょう。
 ギャグを織り交ぜながらも、戦国という時代と、その中で生きる戦国大名の精神性を描いて見せる様は、やはりさすがと感じます。

 しかし今回のオチは、微笑ましくはあるものの、やはり以前の直家の所業を見るとちょっと素直には笑えない気も……


 長くなりましたので次回に続きます。


「コミック乱ツインズ」2024年5月号(リイド社) Amazon


関連記事
「コミック乱ツインズ」2024年1月号
「コミック乱ツインズ」2024年2月号(その一)
「コミック乱ツインズ」2024年2月号(その二)
「コミック乱ツインズ」2024年3月号
「コミック乱ツインズ」2024年4月号(その一)
「コミック乱ツインズ」2024年4月号(その二)

|

« 夕木春央『サロメの断頭台』 一流のホワイダニットの先に待つ罪と罰 | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2024年5月号(その二) »